豊胸術の種類

"トップページ 豊胸術の種類

豊胸術の種類

豊胸術(豊胸手術)の種類とその特徴をまとめました。

 

【バッグ挿入法】

 

バッグと呼ばれるバストサイズを大きくする物を胸部に挿入する方法です。「プロテーゼ法」とも言います。バッグサイズを自由に選べるので、何カップも大きくすることも可能なのが特徴です。

 

豊かなバストを作ることも可能な反面、費用は豊胸術の中でももっとも高く、1カップあたりの費用はいくらと決められていることがほとんどで、アップさせたいカップ数に準じた費用が必要です。

 

【脂肪注入法】

 

文字通り脂肪を注入する方法です。あらかじめ用意されている脂肪ではなく自分の脂肪を利用するのが特徴です。

 

自分の脂肪を利用するので、不要な脂肪を減らせるというメリットがあります。また、もともと人間の体内に存在している物を注入するゆえになじみやすいというメリットもあります。

 

難点は、使える脂肪に限りがあるゆえに希望するカップ数になれるとは限らない点。ぽっちゃり型なら使える脂肪が多いかというとそうとも言えません。どれくらい脂肪が減ってどれくらいバストを増やせるかは個人差とクリニックによります。

 

脂肪を注入する費用だけでなく吸引する費用もかかります。

 

【ヒアルロン酸注入法】

 

プチ豊胸とも呼ばれることがあるくらい豊胸術の中ではハードルが低めの方法です。

 

バッグのような異物を入れるのではなく成分的にポピュラーな物を使うという安心感があり、かつ、脂肪を吸引する手間や費用がかかりません。

 

ただし、この方法で注入するヒアルロン酸に永久性はなく、少しずつ自然減少していずれはもとのバストサイズに戻ってしまいます。

 

痩せ型の人が脂肪注入法でAからEカップになりたいと希望してもそれはちょっと無理があると言わざるをえないのですが……希望する方法ないし自分に合っていて納得できる方法で豊かなバストを手に入れてくださいね。