豊胸術のリスク

"トップページ 豊胸術のリスク

豊胸術のリスク

はっきりと言ってしまうと、豊胸(手)術にはリスクがあります。どんなリスクがあるのかを説明するので参考にしてください。

 

バッグ挿入法やプロテーゼ法と呼ばれる豊胸術では、挿入するバッグは絶対破れないと請け負われてはいません。破れれば、当然、せっかく大きくしたバストでも大きさを維持できなくなります。

 

何より、バッグの中身が出てきてしまいます。

 

バッグの中身で多いのは、生理食塩水かシリコンです。生理食塩水は感触がシリコンには劣るのですが、人体に吸収されても無害な成分です。よって、バッグが破れて生理食塩水が出てきてしまっても明らかな異変は起こりません。

 

対して、シリコンは大きくなったあとのバストの感触が本物同様だと言われるほどリアルな反面、人体にとっては異物です。シリコンが出てきてしまったことが原因で強い痛みや倦怠感が生じることがあります。

 

他にも、バッグという異物が細菌ないしカビをもたらし、それらが感染症を引き起こす可能性が2パーセントほどあるとのデータがあります。

 

離れ乳、垂れ乳などバストの悩みを持つ方必見

http://xn--pbk131gmv3c.biz/

 

あとは、「カプセル拘縮」という症状が報告されています。

 

「カプセル拘縮」とは、異物に対する人間の反応で、体内のコラーゲン線維が異物を取りかこむという症状です。取りかこまれた異物は締めつけられたようになります。

 

豊胸術に使われるバッグは異物ですからこの「カプセル拘縮」が起こり、その結果、手術直後のような美しいバストラインをキープできなくなってしまうのです。

 

バッグ挿入法だけにリスクがあるということではなく。自身の脂肪を吸引のちに胸部に注入する脂肪注入法やポピュラーな成分・ヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸注入法は比較的拒絶反応が起こりにくいとはいえ、リスクはゼロではありません。

 

「大丈夫です、リスクはありません」などと安請け合いするクリニックよりも、こういうリスクがありますよときちんと説明してくれるクリニックのほうが安心安全なクリニックだと考えられます。